【海外SNAP】LAの男の子ママは辛口フェミニンがお得意!

ふたりの男の子ママは忙しくてもオシャレに手を抜かない!




 

ロサンゼルスでお子さんふたりと一緒に歩いていた美人オシャレママを発見!旦那様のお仕事の関係でロサンゼルスに引っ越してきて4年というアズサさん。1歳の男の子エイトくんを抱っこし、2歳の男の子ルイくんはストローラーに。「男の子がふたり、年齢も近いので育児が大変…」というアズサさんですが、それが謙遜に聞こえてしまうほどのステキな着こなし。聞けば、日本ではアパレル系で働いていたというから、迷わず納得!

 

シンプル×トレンド、そして甘辛ミックスがオシャレなバランス




 

「今日のトップス、ジーンズ、カーディガン、アクセもすべて、プチプラなんです!」とアズサさん。コーデは、よく行くお店のひとつ、ZARAのものが中心でアメリカンアパレルも大好きとか。パンプスはバレンティノで900ドルくらいとのこと。一点豪華なアイテムを取り入れるのもオシャレに見せるコツなのですね!
「ふだんのコーデはシンプルなものが好きです。好きなものってなかなか変わらないから、自分の“好き”を基準に選んでいるとついシンプルなものが多くなりますね(笑)。あとはそこにワンポイントで流行りものを入れるというスタイルにするのがマイルール。それとコーデに甘辛をミックスさせるのもお気に入りです!」とアズサさん。確かに今日のスタイルもレースのロマンティックなトップスに、話題のスタッズパンプスを投入して甘辛な感じ。確かに絶妙なバランス!

 

なるべくヒールを履く!その心がけが女性らしさを生むコツ




 

さすがに子どもふたりを連れてのお出かけの時はフラットシューズが多いそうですが、短い距離のお散歩など、できるだけヒールを履くようにしているのだそうです。
「ヒールが好きなんです。主人と一緒に外出する時などはヒールを履くようにしています♪」とのこと。ママになるとつい楽なものを選んでしまいがちですが、アズサさんのように今日は大丈夫そうと思う日や、旦那様とお出かけの時はヒールを履くと決めてもいいのかもしれませんね。そう心がけるのが女性らしさを保つ秘訣のようです!

1歳、2歳の男の子のママとは思えない程、落ち着いていて女性らしいアズサさん。ヒールを履いたりファッションに気を遣うそんな日々の心がけが、今の彼女の美しさをつくっていると実感。忙しくても慌ただしくても女を捨てちゃダメだとリマインドしてくれたアズサさんでした!

高校の時から日本とアメリカを行き来し、L.A.在住20年。興味のあることにはどんどん挑戦して人生楽しむ!をモットーとし、仕事は日系会社でのセールス&マーケティングのVP、エンジニア企業でのオフィスマネジャー、メジャーリーグのメディア担当からファッションデザイナーのスタジオオフィスマネジャーまでとあらゆる分野、業界での経験あり。2012年春に女の子を出産し現在はママ業を中心としながら好きなファッション、インテリア、料理、ヘルシーなライフスタイルなどを日々チェック&研究中。

この記事に関するキーワード

おすすめ記事