秋はバンガローでお手軽に子連れアウトドア体験!

ママガールなみなさん、こんにちは!
たびえもんのカフェ店長、木舟雅代です。今回の記事は私がお届けします。
私たちは「旅」を通じて子どもを成長させ、生きる力を磨いていく「旅育」をご提案しています。要するに、子どもを連れてどんどん外に出ようよ!ということ。

夏の猛暑が過ぎると、いよいよ行楽の秋、到来ですね!
最近ではシルバーウィーク連休もあり、暑い8月を避けて9月に泊りがけの旅行をする人も増えてきました。
せっかく爽やかな季節なのですから、できれば自然を楽しみたいもの。
でも、小さな子どものいるファミリーですと、テントを設営したり、たき火をおこすような本格的なキャンプは逆にしんどいよ! とお感じの方も多いかと思います。
そんなパパママに、楽にアウトドア体験ができるアイデアをいくつかご提案します!

 

バンガローを借りて夜の宿泊は安全、気楽に。


本当に自然を満喫したいときは、テントを張って、寝袋で寝るのが一番だとは思うのですが……、家族だと荷物も増えちゃいますし、難しいですよね。
あらかじめバンガローを借りて泊まるのがオススメです!
簡易とはいえ、家として周囲から独立しているし、鍵もかかります。万が一、お天気が悪いときも、逃げ込める場所があるのとないのとでは、安心感が違いますよね。

バンガローと一口に言っても、板間の1部屋のみの所もあれば、お風呂やキッチン、家電に布団まで揃った所もあります。
ネットに設備を詳しく掲載している場所もありますし、予約する際に設備を確認しておくと良いですね。

 

まるで絵本の世界! 色とりどりの三角屋根 まるで絵本の世界! 色とりどりの三角屋根

 

食事は本格的でなくても、十分楽しめます。


野外での料理はキャンプの醍醐味の1つ。アウトドア料理専門の本も出版されているくらいです。
ただ、家庭で毎日料理を作っていると「外出先で(しかも不便な環境で)料理なんてしたくないわ~。のんびりしたいわ」と思うママもいるかもしれませんね。私がまさにそうです(笑)。

そしてバンガローがある場所って、川ありヤブあり、ガケがあり……つまり、子どもから目が離せない環境にあることが多く、大人が調理に集中するわけにもいかないのです。

手軽にすませましょう! 火器はカセットコンロでもOK! ごはんだけ炊いて、お湯を沸かしてレトルトのカレーを温めれば一丁上がり。缶詰をおかずにして食べても良いでしょう。
朝食なら、買い置きのパンに果物。インスタントのコーヒーやスープを作れば、大満足です。不思議と、自然の中では何を食べてもおいしく感じます。
料理は子どもの成長につれ、手の込んだ物がいくらでも作れるのですから、まずは親子で安全に自然を楽しむことです。

 



 

他のレジャーと組み合わせて、飽きさせない工夫を。


椅子に腰かけ、そよ風や木もれ日を受けながらウトウト……。のんびりしたいところですが、子どもたちは一時もじっとしていません。何にもしない事を楽しむ、なんて子どもには難しいですよね。

虫捕りや川遊びなどなど、キャンプ場周辺でも遊べますが、私たちはよく海水浴と組み合わせます。“家→キャンプ場→家”の道中に他のレジャーを挟むと、1泊2日であれこれ盛りだくさんだったな~!という充実感が出ます。
動物園やアスレチック、日帰り温泉などなど親子の興味に合わせた色々なアレンジが可能です。

安全に、楽しく秋の自然を満喫してくださいね~。

 

子連れ旅行のバイブル!たびえもんの本の紹介


子連れ海外旅行のノウハウや楽しみ方を、まるごと知りたい方は、ぜひ、たびえもんの本『海外旅行で子供は育つ!!』を読んでみて下さいね。

 

カフェと旅行会社が一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」。
旅好き夫婦(子供3人)の経営で、東京・練馬に店舗があります。
旅行体験を通じて子供が成長する「旅育」を提唱し、子連れ旅行や若い世代の旅を応援しています。
代表・木舟周作の著書に『海外旅行で子供は育つ!!』。
公式ウェブサイト: http://tabiiku.org/

この記事に関するキーワード

おすすめ記事