友利新さんの長男もイヤイヤ期!イヤイヤにはどう対処する?

赤ちゃん返り?イヤイヤ期?


先日、第二子となる娘ちゃんを出産した友利新さん。紆余曲折も乗り越え娘ちゃんと一緒に退院できる幸せそうな様子を先日ブログで報告。ただ、出産前のブログでは「出産が近づいてきているのを息子も感じているか最近かなりグズリ気味」と、2歳になった息子ちゃんがイヤイヤ期に突入したことも報告。「前は好きだったお風呂もイヤだおもちゃも投げる」「食事の支度をしていても、前は1人遊びに夢中だったのが、ママも一緒じゃなきゃイヤだ!となかなか進まないんです」「これはイヤイヤ期なのか赤ちゃん返りなのか」と、赤ちゃん返りの可能性もあるかも?とのこと。
イヤイヤ期とは、1歳半すぎから2~4歳まで続くといわれています。個人差はありますが、今までスンナリいっていたこともイヤイヤとばかり言われるとさすがのママもグッタリしてしまいますよね。一体どう対処したらいいのでしょう。

 

イヤイヤ期でも、言葉は通じるだけ少しはマシ?


イヤイヤ期は少しずつ言葉も通じるようになってくる時期。駄々をこねられても何とか言葉でごまかしたり、納得させたりする事で上手くいったというケースもありますが、2人目を出産したばかりなど忙しいタイミングが重なるとさらに大変ですよね。
そんなイヤイヤ期の迎え方としてよくいわれるのが、「そういう時期」と、サラリと受け流すこと。なかなか難しいですが、イヤイヤ期の子どものイライラには原因がない場合も多く、真剣に付き合うとママがストレスを抱えてしまうのだそうです。

 

日常生活が送れない・・・!でも諦めも肝心


この時期、友利さんのように「お風呂がイヤ!」という子どもは多いようですが、子どもが喜ぶ泡風呂にしてみたり、可愛いおもちゃを浮かべてみるなどあの手この手でトライするママも多い様子。また、まだ少し暑さの残る今の時期なら、ビニールプールを使うと子どもも遊び感覚で体を洗ってくれるかも。お風呂の後の食事も、これはイヤ!あれはイヤ!と無限のイヤイヤループが続いても、今は大きく成長するための過渡期と心得て、「イヤなのね」と諦めてあげることも必要かもしれませんね。

 

写真提供:gettyimages 写真提供:gettyimages

 

イヤイヤ期は、子どもが「自分でやりたい」という自我が芽生えてきた証拠。子どもの成長はそれぞれですが、ママがイライラしてしまっては本末転倒。なんとか気分転換させながら、乗り越えていきたいものですね。

心理カウンセラー。今は休業中ですが主に恋愛に関してのセッションをやっています。
人間観察が趣味のため芸能ネタは欠かさずチェック。
2年間のアメリカ在住経験もあるので、セレブのゴシップも得意です。
4歳差姉妹の娘達の美意識の高さにむしろ母が刺激をもらっている毎日であります。

この記事に関するキーワード

おすすめ記事