感情を出すことは悪いことではありません。問題解決の方法が間違っているだけ

「わかっているけど、できないんです」と悩むお母さんほど、いいお母さんかも


「おだやかに接したほうがいいのはわかっているけど、ついイライラしちゃう」そう悩むお母さんは多いものです。むしろ一生懸命なお母さんほど、そう思うのかもしれませんね。ある研究で“子どもに関心を持ち、愛情を注いでいる親ほど、自分や子どもが怒りや悲しみなどのネガティブな感情を抱くことを否定的にとらえる傾向にある”そう。

 

感情を出すことは悪いことではありません。問題解決の方法が間違っているだけ


「泣くのをやめなさい」「わがまま言わないの」と叱ったことはありますか?どなたでもありますよね。子どもは、いつでもわがまま言って泣きわめくものですもの。でもそれって本当にいけないこと?大人も泣きたいときには泣きますね。わがままも言いますよね。感情を出すことは決して悪いことではありません。問題解決の方法として泣いたり、ダダをこねたりする方法が正しくないというだけのことです。

 

「大丈夫痛くないわ」「あなたは我慢できるわ」はやめて、「痛いね」と共感しよう


転んでひざをすりむいた子どもに「大丈夫」「痛くないよ」「我慢」「あなたは強いわ」といった声掛けをすることってありますね。それは子どもに対する愛情や、子どもに強くなってほしい、我慢することを覚えてほしいという願いから自然と出る言葉です。でも本当に大丈夫?痛くない?痛いのは我慢すべき? そんなときは「痛いね」と共感するだけで十分です。

 

感情を受けとめ、行動を正す。感情と行動は別に考えよう


子どもだって大人だって感情を自由に表現する権利があります。感情は受けとめましょう。「泣きたいのね」「○○したいのね」「痛いのね」をそのままを受け止めてあげます。そして行動を正してください。おもちゃが買ってほしくて泣いているのであれば、交渉の手段として「泣く」ことや「ダダをこねる」のは不適切です。「買ってほしいのね」「誕生日まで我慢してね」などと相談してください。また痛いときは痛いものです。でも「痛い」と騒いでも傷はなおりません。「痛いね」と感情を受けとめ、「消毒しようか」「ばんそうこうを貼ろうか」と傷を治す手段を提案してあげてください。

 

今日の1日1成長


感情を受けとめ、正しい問題解決の方法を教えよう。

ママの対応力も1成長、子どもの感情コントロールも1成長。

森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

この記事に関するキーワード

おすすめ記事