卓球愛ちゃんのたくましさ、五輪メダリストに学ぶ「旅育」

ママガールなみなさん、こんにちは。
たびえもんの木舟周作です。
東京・練馬でカフェと旅行会社が一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」を経営し、旅行経験を通じて子どもが育つ「旅育」を提唱しています。

日本選手が過去最多のメダルを獲得したリオデジャネイロ五輪が、大きな盛り上がりと共に終わりました。10月には東京都内でメダリストによるパレードも計画されているそうで、これも楽しみですね。

前回「オリンピックで『旅育』!親子で楽しく観戦しよう」という記事を書きましたが、今回は第2弾、オリンピックメダリストに学ぶ旅育です。

 

異文化を経験して、たくましくなる


かわいい子には旅をさせよ。旅行経験を通じて、子どもが成長する「旅育」には、いくつかのポイントがあります。その1つは、異文化を経験して、たくましくなること。トラブルを乗り越える力を身につけられるようになることです。

オリンピック選手を見ていると、みんなたくましいな~と思わずにはいられません。筋骨隆々とした肉体的な強さだけではなくて、精神的にたくましいですね。

一部の人気競技を除いては収入も充分でない中で、海外を転戦し、ランキングを積み重ねてオリンピックの出場権を得る。並大抵の努力ではできません。

カヌー競技で日本人初の表情台に上った羽根田選手は、高校卒業後、単身スロバキアに渡り、言葉も通じない状況から努力を重ねて、今回の銅メダルにつなげたそうです。我が子を信じてサポートを続けた親御さんもあっぱれですね。

 

選手村のトイレを修理!福原愛選手に学ぶたくましさ


卓球女子団体のキャプテンとして、涙の銅メダルを獲得した福原愛選手。
幼少時代からテレビに取り上げられていた「有名人」ですが、けっして天狗にならず、努力を怠らない彼女も、本当にたくましいですね。

選手村で、壊れたトイレを自力で直したというエピソードが話題になりました。かつ修理方法を同室の15歳、伊藤美誠選手に伝授したとか。

海外のホテルで、トイレの排水がうまくいかなかった、シャワーからお湯が出なかったなどなど、水回りのトラブルを経験したことのある人は、読者のママさんの中にも多いのではないでしょうか?
特に途上国になると、4つ星や5つ星クラスの立派なホテルであっても、バスルームが水漏れするといったトラブルが普通に起こりえます。

中国のスーパーリーグに挑戦するなど、若い頃から海外経験が豊富な愛ちゃん。中国のトイレ事情も、とりわけ地方に行くと厳しいものがありますので(笑)、きっと似たようなトラブルをいくつも経験し、自分で対処する強さを身につけてきたのでしょう。
まさに「旅育」のお手本のようなエピソードです。
設備の悪さに文句を言うような選手だったら、きっとメダル獲得もままならなかったのではないでしょうか。

 



 

トラブルを乗り越えるのも、旅行の醍醐味


もし次回の家族旅行、ホテルのトイレで水が出ない! といったトラブルが発生したとき、メダリストの活躍を思い出してみると良いかもしれません。
親が慌てると、子どもも不安に思ってしまいますので、余裕を持って悠然と対処するのがコツ。
トラブルに負けない、たくましい子に育ってくれるはずです。

 

子連れ旅行のバイブル!たびえもんの本の紹介


子連れ海外旅行のノウハウや楽しみ方を、まるごと知りたい方は、ぜひ、たびえもんの本『海外旅行で子供は育つ!!』を読んでみて下さいね。

[amazonjs asin="4802201311" locale="JP" tmpl="Small" title="海外旅行で子供は育つ!! (子供の人生を豊かにする“旅育"のススメ)"]

カフェと旅行会社が一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」。
旅好き夫婦(子供3人)の経営で、東京・練馬に店舗があります。
旅行体験を通じて子供が成長する「旅育」を提唱し、子連れ旅行や若い世代の旅を応援しています。
代表・木舟周作の著書に『海外旅行で子供は育つ!!』。
公式ウェブサイト: http://tabiiku.org/

この記事に関するキーワード

おすすめ記事