妊娠中も授乳中もOK!甘酒生活をはじめるママ増えてます♪

夏の疲れを一掃!冬に備えて甘酒で温活を!


朝晩涼しくなって過ごしやすい日が増えてきましたね。でも季節の変わり目は体調を崩しやすいもの。だるい、体調がすぐれない、やる気が出ないなどの疲れを一掃し、アンチエイジング効果をもたらしてくれると、甘酒が見直されています。
「飲む点滴」と言われるほど、たくさんの栄養素が含まれる甘酒。ブドウ糖やビタミンB類、アミノ酸、コウジ酸などの成分が含まれ、美白・美肌や美髪効果はもちろん、疲労回復、便秘解消、ダイエット効果も期待できるのだとか。
米と米麹を原料とした発酵食品なので、体を温めてくれる効果もあり、冷えが気になるこれからの季節に最適ですね♪

 

種類豊富な甘酒。米麹を使ったタイプを選んで


甘酒には大きく分けて2種類あり「酒粕」からできる甘酒と「米麹」を使った甘酒がありますが、オススメは「米麹」を使用した甘酒です。
アルコールも入っていないので妊婦さんやお子さんでも飲めますよー。
一日にコップ1杯程度を飲めばいいんだそう。豆乳や牛乳で1:1で割って飲むのもオススメです!

 

出典:@loyoukoさん 出典:@loyoukoさん

ファスティングでの体質改善中に出会った甘酒ドリンクなんだそう。麹由来の食物繊維やオリゴ糖が腸の働きを整えてくれて、豊富に含まれるビタミンB群が脂質の燃焼を促してくれるのでダイエット中に積極的にとりたい甘酒。さらにほんのり甘くて美味しいのがうれしいところ!

 

出典:@riko.kohaさん 出典:@riko.kohaさん

朝お湯割りで一杯飲むのを習慣にしているという@riko.kohaさん。慌ただしくなりがちな朝ですが、あたたかい甘酒でほっとするひとときです。

 

出典:@kiyase.shihoさん 出典:@kiyase.shihoさん

こちらは玄米甘酒。能登の無農薬のコシヒカリで作られたものだそうで、パッケージをみるだけでも美味しそうですよねー。全国各地の酒造の甘酒を探してみたくなります。

 

からだが喜ぶ甘酒レシピは親子で楽しめる!


「#甘酒」で検索するとたくさんのドリンクレシピがヒットしますが、甘酒を使用したスイーツもおすすめ。
甘酒の甘みでほっと体が喜ぶおいしさ。毎日のお子さんとのおやつにもぴったりですね!

 

出典:@satsuki.shushumaさん 出典:@satsuki.shushumaさん

息子さんのおやつに焼いたという米粉×甘酒のマフィン。甘みは甘酒のみという健康的なスイーツです。オーブンから漂う甘酒の香り、気持ちも癒される幸せなひとときですね。

 

出典:@chocoa.meさん 出典:@chocoa.meさん

発酵食品にはまっているという@chocoa.meさん。卵や水なしでも甘酒の麹の力でふっくら膨らんだというちぎりパン、プーさんデコで息子さんも大喜びでしょうね。

 

出典:@vanilla_123さん 出典:@vanilla_123さん

メディアでも話題の「九州パンケーキ」を朝食に。甘酒とはちみつでほんのり甘いソースを作ったら、甘酒が苦手なご主人もパクパク召し上がったそう?こんな使い方も素敵ですね。

いかかでしたか?すぐにでも試してみたい甘酒生活♪スーパーなどで気軽に手に入れられそうなのもポイント高いですね。美味しいレシピは#mamagirlに是非ご報告くださいね!

元女性誌編集者、現在医療事務兼ライター。16歳、13歳の母に見えない若作りを目指している。美容、健康、インテリア、ハンドメイド、ファッションと趣味・興味は多岐に渡り、オタク的追及欲と現実生活とのバランスを随時模索中。

この記事に関するキーワード

おすすめ記事