理想のママになる方法を伝授します!子どものためから自分のための育児に変えよう

育児ってどうしてこんなに大変なの?!子どもとの時間を一緒に楽しんでいますか?


子育てにおいて一番大変に感じる事って何ですか?の問いかけに最も多い答えが「自分の時間がないこと」「自分の思い通りにいかないこと」が挙げられます。夜中に子どもが急に泣き出したり、お出かけ寸前で急にぐずり出したりと予定通りに時間は進まないうえに、お掃除から、お洗濯、家族のごはんやお世話などお母さんのお仕事は終わりません。

 

「子どもと一緒に楽しもう!」わかってるのに楽しめない。どうしたらいいの?


私たち母親は、子どもが生まれた瞬間から毎日を慌ただしく、子どもと家族のために時間を費やしています。自分のための時間なんて無いに等しいのです。時折上手に時間を使い自分のための時間を作り趣味をしたり、子どもとの時間を一緒に楽しんでいるママを見ると「一体どうしてるの?」と不思議にすらなります。

 

楽しい子育ての秘訣それは頑張らないこと!ママも子どもも笑顔になる近道です


人の気持ちは環境により大きく左右されるもの。日々を慌ただしく過ごしていると子どもに対しての声かけもついつい「早くしなさい!」「急ぎなさい!」などきつくなりがちです。お母さんが環境により気持ちが左右されるならば、子どもはもっとその影響があるのです。お母さんはぐっと腰を据え子どもや環境のあるがままを受け入れ笑顔で対応していきましょう。

 

3つのAで子どもとワクワクできる共感ママを目指しましょう!


子どもとの時間の中でもしイライラしたり、「~しなさい!」「やめなさい!」など言いたくなってしまったときは、感情的な気持ちをグッとこらえ深呼吸をしましょう。深呼吸は空気と共にイライラな感情を入れ替えてくれる効果があります。そしてAllow(承認力)で子どものありのままを受け入れ、Adapt(共感力)で子どもと喜びを分かち合う、Add(質問力)で新しい知識を提供する。まずは子どもに怒る前にこの3つのAで導くとお母さん自身も不思議と落ち着き笑顔になるのです。ママ自身が笑顔と幸せでいれば子どももママの愛を実感できるでしょう。

 

今日の1日1成長


子育てを楽しむためには3つのAを実践し、ママ自身の楽しい気持ちも見つけよう。
子どもの幸せを感じる力も1成長、ママの楽しむ力も1成長。
うえだ きょうこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

この記事に関するキーワード

おすすめ記事