ママの間でひそかに流行中!キッズ託児つきホテルに宿泊

親子それぞれで楽しむ、新しい旅行のカタチ!


長期休暇は子どもだけでなく、パパママにとっても大きなお楽しみ?
仕事や家事から解放されてのんびりしたいところですが、育児だけはいつも通りお休みできません!特に保育園・幼稚園児がいる人は、子どもと過ごす時間が長くてうれしい反面、移動中に気を使うなどいつもより大変になる部分も……。
そんななか旅行好きママから今注目を集めているのは、ホテル滞在中に託児サービスを利用すること。日中子どもはホテルが提供するキッズプログラムに参加し、朝晩は家族で過ごすスタイルです。
ハワイやグアムではこうしたプログラムを提供しているホテルはかなり多いですが、ここ日本にもありました!そこで3歳の息子を連れてさっそく宿泊体験。今回選んだのは北海道のど真ん中にあるクラブメッド北海道です。

 



 

クラブメッドでは2歳から預かりOK


クラブメッドは世界中で展開するリゾート企業。飛行機運賃、宿泊代、食事・飲み物代、アクティビティ参加代など滞在中にかかる料金のほぼすべてが旅行代金に含まれているのが大きな特徴です。
ここでは4歳~10歳が参加できる「ミニクラブ」、2・3歳専用の「プティクラブ」があり、どちらもスタッフ(G.O:ジーオーと呼ばれています)が数人体制で預かってくれます。ミニクラブは、追加料金が一切不要。息子は3歳なので、プティクラブにお願いしてみました。こちらは別途料金がかかりますが(半日¥3,250~)、より手厚いケアをしてくれます。おむつが外れていない子も大丈夫!お昼寝タイムだってあります。

 



 

おもちゃ遊びにお散歩、プールと盛りだくさん!


ホテル内にはプティクラブ専用の保育ルームがあり、おもちゃや絵本がいっぱい。ママと離れて泣いてしまうかな?と思いましたが、見たことのないおもちゃに興味津々。普段は保育園で過ごしていることもあり、手続きしてママが部屋を出るのも気づかないほど夢中になっていました。
託児中はおもちゃで遊んだり、ホテルの敷地内をお散歩したり、室内プールで泳いだりと子どもを飽きさせない充実のスケジュール。時々覗き見しましたが、同じくプティクラブに入っていた同い年のお友達もできて、とても楽しそうでした。

 



 



 

食事の面倒まで見てくれるのはうれしい!


プティクラブに預けると、子どもはランチタイムもG.Oと一緒。小さな子どもがいると取り分けなどでママはゆっくり食事できないことが多いのでとても助かります。
クラブメッドでの食事はすべてビュッフェ形式。アレルギーやまだ食べられないものがあっても、事前に伝えておけば大丈夫です。もちろんキッズ用のプラスチック食器やカトラリー、キッズチェアも完備。日本製のレトルト離乳食まで用意されていて、至れり尽くせりです。
子どもがG.Oやお友達と楽しく食べている間、パパママはお酒を飲みながらのんびり食事タイム!

 



 



 

託児中はさまざまなアクティビティに挑戦


クラブメッドではスポーツアクティビティーが豊富なので有名。子どもを預けて自由を満喫している間に、普段はなかなかする機会のないスポーツにも挑戦してみました!
一番ハマったのはサーカス。日本では数少ない空中ブランコができる大型設備があり、スポーツが苦手な人や全くの初心者でも専門G.Oが優しく教えてくれます。地上7メートルという高さに足が震えましたが、ポールに膝をかけ手を離す技に成功!
「もう少し練習すればもっとすごい技ができるよ」と言われて頑張り、反対側でスイングしているG.Oと手をつなぐキャッチする大技にもチャレンジしました。翌日はひどい筋肉痛でしたが、爽快感でいっぱいです。思いきり体を動かすこともなかなかないので、そんな機会を与えてくれた託児に感謝!

 



 

他にも北海道の大自然をマウンテンバイクで走ったり、アーチェリーを教えてもらったり、人生初のスカッシュに挑戦したりと時間が許す限りスポーツざんまい。子どもを産む前に戻ったかのように自由に遊びまくり、リフレッシュできました。
もちろん滞在中すべての日で託児をお願いしていたわけではなく、一緒に過ごす時間もじゅうぶん取りました。プティクラブは旅行前の事前予約も受け付けていますが、予約していなくても当日空きがあれば受け入れてもらえます。体調や気分に合わせて利用できるのも気楽でした。ミニクラブは事前予約は不要で、当日朝に受付するだけ。来年からはもっと気軽に利用できそうです!
息子は1日プティクラブで過ごしたのがよほど楽しかったのか、翌日も「お姉さん(G.O)とお友達のところに行きたい!」とお願いされたほど。クラブメッドはリピーターがとても多いようで、ここで友達を作りその後も家族ぐるみで交流を続ける人がたくさんいるそうです。息子はまだ3歳ですが、もう少し大きくなれば「また行きたい」と毎年せがまれそう!

 



 



 



 



 

いつもは旅行が終わるとクタクタですが、今回に限っては別。しっかり遊べたので、休暇明けはまた育児を頑張れそうです。クラブメッド北海道のサマーシーズンは10月10日でいったんクローズし、12月に今度はスキーリゾートとして再オープン。この他クラブメッドは沖縄・石垣島にもあるので、「ちょっと預けてママも遊びたい!」という人はぜひチェックしてみてください。

 

<取材協力>
クラブメッド北海道

エディター・ライター・翻訳家・子ども食育健康管理コーディネーター。京都出身。子育て、旅、ファッション、食を中心に活動しています。時間ができると、鉄道好きの息子と国内外をあちこち旅行!
http://www.i-m.mx/nozomisato/nozomisato/home.html

この記事に関するキーワード

おすすめ記事