子連れフライト、飛行機のトイレで気をつけることは?

ママガールなみなさん、こんにちは。
たびえもんの木舟周作です。
東京・練馬でカフェと旅行会社が一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」を経営し、旅行経験を通じて子どもが育つ「旅育」を提唱しています。

前回の記事で、機内食の話を書きました。

食べるものを食べたら、出るものが出るのが人間の性。新陳代謝の活発な赤ちゃんや、小さい子どもなら、なおさら。
はい。今回は飛行機のトイレのお話です。

 

確保する座席が少ない場合は、通路側が無難です


まずは飛行機の席の選び方から。
トイレが近い席のほうがよいかしら、と考えるママも多いかもしれません。個人的な意見としては、そんなに直近である必要はありません。狭い飛行機、たいして距離は変わりませんから。

ただ、通路側の席でないと、ちょっと出るのが大変です。
3人以上のファミリーの場合は(誰かが通路側になるので)まず心配ないですが、親子2人だけだったり、2歳未満で子どもの席が無く、2席だけの並びになる場合は、内側の席になってしまう可能性があるので、気をつけて下さいね。
チェックインの際、あるいは事前指定ができる場合は、通路側を優先して選ぶとよいでしょう。

 

トイレは乗る前に済ませ、替えのおむつも忘れずに


さらに事前の準備としては、大人も子どもも、乗る前にトイレを済ませておくのが大事です。離陸の準備に入って、座席から立てないときに「おしっこ~」と言われたら最悪です。
もちろん、おむつが外れていない子の場合は、新しいものに替えておくのが良いでしょう。
フライト時間に応じて、少し余裕を持った枚数の、替えのおむつも忘れずに。全部スーツケースに入れて預けてしまった!ということになると悲惨です(航空会社によっては紙おむつをもらえる場合もありますが…)

 



 



 

飛行機のトイレには、おむつ交換台もあります


機内食の時間帯が終わると、どうしても機内のトイレは混み合います。
早め早めに子どもを促して、トイレに連れて行くのが無難です。

飛行機のトイレにもおむつ交換台があります。
全てというわけではありませんので、搭乗した早い段階で、乗務員に尋ねるなどして、どのトイレにおむつ交換台が付いているか、確認しておくのがおすすめです。
デパートのトイレのおむつ台のように、広々快適に、というわけにはいきませんが、逆に、狭っ苦しい機内のトイレだからこそ、
「今まで何度も飛行機乗ったことあるけど、こんなところにおむつ台が付いているなんて、知らなかったわ~」と感激することでしょう。
立場が変わると、見える世界が変わるのです。これも子連れ旅行の醍醐味。

最後に。飛行機のトイレで用を済ませて、水を流すとき。ものすごいバキュームの轟音がします。小さい子どもによっては、この音が怖くてトラウマになってしまいますので、注意!(実話)

 

子連れ旅行のバイブル! たびえもんの本の紹介


子連れ海外旅行のノウハウや楽しみ方を、まるごと知りたい方は、ぜひ、たびえもんの本『海外旅行で子供は育つ!!』を読んでみて下さいね。

 

★『海外旅行で子供は育つ!! 子供の人生を豊かにする“旅育”のススメ』(イカロス出版)
[amazonjs asin="4802201311" locale="JP" tmpl="Small" title="海外旅行で子供は育つ!! (子供の人生を豊かにする“旅育"のススメ)"]

カフェと旅行会社が一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」。
旅好き夫婦(子供3人)の経営で、東京・練馬に店舗があります。
旅行体験を通じて子供が成長する「旅育」を提唱し、子連れ旅行や若い世代の旅を応援しています。
代表・木舟周作の著書に『海外旅行で子供は育つ!!』。
公式ウェブサイト: http://tabiiku.org/

この記事に関するキーワード

おすすめ記事