千秋さんがセドナで挙式!大人ガーリーのお手本ドレスにうっとり

千秋さんがセドナで挙式!素敵な写真にうっとり


今年3月、15歳年下のTBS社員の男性と再婚した千秋さんが、アメリカのセドナで結婚式を挙げました。セドナといえば、アメリカでも屈指のパワースポット。大自然のパワーをもらって、輝くような美しさの花嫁姿を披露しています。オフィシャルブログとインスタグラムには、素敵すぎるウェディング写真がアップされており、思わずうらやましくなってしまうママも多いのでは?離婚した前の夫であるココリコ遠藤さんとは結婚式を行わなかったとのことで、人生初となる結婚式に喜びがあふれている様子。

 

出典:@chiaki77777 出典:@chiaki77777

 

セドナの大自然に合う、ナチュラルでかわいいドレス!


セドナの雄大な自然に合うドレスを探していたという千秋さん。選んだドレスはクラシカルでナチュラルなデザイン。千秋さんによると「よくある仰々しいdressがこっぱずかしい大人にぴったり」とのこと。「N_DRESS」というセミオーダー専門のショップのものなのだそう。挙式ではセドナらしく、ドレスに羽の冠を合わせています。このドレスを着て、アパッチ族にルーツを持つ、ネイティブアメリカンの“マリオブラックウルフ”さんにセレモニーを行ってもらったのだそう。幻想的で素敵なウェディングになったのだそう。

 

出典:@chiaki77777 出典:@chiaki77777

 

ラスベガスでもウェディング!こちらは水玉のドレスで!


セドナでの挙式の後は、ラスベガスでもウェディングフォトの撮影を行った千秋さん。ラスベガスでは白地にシルバーのドット柄が入ったポップなドレスを着ています。大きなリボンのついたベールも合わせてぐっとキュートなコーディネイト。こちらも千秋さんらしくて素敵!しかもラスベガスはどこを撮ってもサマになるので、写真も完成度もすごすぎます。実は、渡米前は「恥ずかしい」「めんどくさい」とナーバスになっていたという千秋さんも、ノリノリで撮影できたのだそう。

 

出典:@chiaki77777 出典:@chiaki77777

 

出典:@chiaki77777 出典:@chiaki77777

 

素敵なウェディングを叶えた千秋さん。幸せオーラが満タンで、見ているこちらも幸せ気分に浸れます。ぜひチェックしてみてくださいね。

6歳女子&1歳男子を持つママライター。ただいま自宅建築中!断捨離が進まず挫折しそうです。

この記事に関するキーワード

おすすめ記事