子どもの英語教育っていつから始めればいいの?

言葉が出始める時期に、日本語と英語のどちらを教える?


言葉を覚え、自分から言葉を話し始める1歳半から2歳頃になると、言葉をたくさん吸収する時期なので、親としてはたくさんの言葉を教えてあげたいと思いますよね。

その反面、母国語である日本語の他に外国語、主に英語を早いうちから習得させたいと思う方も多いのではないのでしょうか。

子どもに英語を習得させたい理由として、「親が話せなくて苦労したから」「これから国際化の時代に必要だから」「海外に一緒に行きたいから」

「学校教育でも取り組み始めたから」などさまざまな理由がありますが、実際いつ頃から英語を覚えることが良いのか、悩むところですよね。

そこで、元英会話講師、海外在住経験の2歳児ママに伺ってみました。

 

英会話習得の流れは、おおむね2パターン!


元講師ママによると、英会話が上達する教育の考え方としては、大きく分けて2パターンあるということです。

1つ目は、親が外国人または外国語を主に話す家庭で、家では英語を話すというパターン。

例えば、父親が日本人、母親が英語圏の方の場合、子どもは『父親と話す時は日本語、母親と話す時は英語』とはっきり使い分けるようにするというものです。

もう1つは、『一定の年齢までは、日本語をメインに言葉を覚え、日本語がある程度読み書きできるようになってから、いっきに英語を新たに覚える』というパターンです。

小学校に入ってからでも、記憶力、言語習得の吸収力は、大人に比べるとはるかに高いので、まず日本語を覚えてから英語にとりかかっても、存分に英語の成績は伸ばせるという考え方です。

 

幼少期から日本語と英語を使い分けるパターン


前者の「話す相手によって言語を使い分ける」というパターンは、幼い頃から英語を取り入れることによって、頭の中では日本語と英語を同じ脳領域で処理します。

つまり1ヶ所に“日本語”と“英語”の単語が入っているイメージになり、子どもは日本語の相手には日本語を、英語の相手には英語をと使い分けるというわけです。
しかし、両親どちらかが英語圏出身、またはバイリンガルでないとなかなか現実子どもにその環境をつくるのは難しいですよね。

なので、最近は幼児から英語のプリスクールに通わせ、英語だけを話す環境を日本にいながらにして作るという教育方針のご家庭も増えてきています。

 

出典元:PhotoAC 出典元:PhotoAC

 

日本語をある程度覚えてから英語を学ぶパターン


後者の「日本語の基礎をある程度マスターしてから、多言語を覚える」というパターンでは、実際に小学校から英語に取り組み始め、英検を取得したお子さんもいるということです。

この習得方法の場合、“日本語”の脳領域が基本にあり、そこに“英語”という別の脳領域を新たに作って覚えるということになるそうです。

脳のストレスや疲労度は、こちらの方が低いという説もあります。

まずは小さい頃は日本語習得をメインにと考えているご家庭もあり、どちらにもそれぞれの特色やメリットがあります。

 

まとめ


「英語を話せるようになってほしい」という親心はとても素敵なものですが、まだ小さい子どもが英語に興味を持っているか、2つの言語を覚えることにストレスを感じていないかなどを注意深く観察できるのは親だけです。

多言語を覚えることに関しても、親も子も楽しく、「ちょうどよい」時期と方法を見つけられるようにしていきたいものですね。

ライター 東京都在住。 広告代理店、PR会社、出版社を経て、フリーのライターに。
趣味は写真(愛機はNikon)、カフェめぐり、公園めぐり、ふらっと旅。
2歳児の育児に奮闘中☆

この記事に関するキーワード

おすすめ記事