子連れでGo!お台場、車のショールーム

ママガールなみなさん、こんにちは!
たびえもんのカフェ店長、木舟雅代です。今回の記事は私がお届けします。
私たちは「旅」を通じて子どもを成長させ、生きる力を磨いていく「旅育」をご提案しています。要するに、子どもを連れてどんどん外に出ようよ!ということ。

9月は、台風続きでしたね~。実は1年で最も降水量が多いのは、9月なのだとか。家に籠っていると大人も子どもも気分が滅入ってきますが、そんな雨の日でも楽しめるお出かけスポットを今回はご紹介します!

東京・お台場にあるトヨタのショールーム、その名も「メガウェブ」。見て、乗って、感じるクルマのテーマパーク、のコピーの通り、車に親しみながら実際に運転して楽しめるテーマパークなんです。

メガウェブ公式HP
http://www.megaweb.gr.jp/

施設は大きく3つに分かれています。1つめは、車の歴史をテーマに往年の名車がずらりと並んだ「ヒストリーガレージ」。2つめはトヨタの最先端技術を紹介、最新モデルを展示した「トヨタ シティショウケース」。こちらは車の試乗も出来ます!最後に子ども達でも運転できる電気自動車を揃え、実際に運転しながら交通ルールが学べる「ライド スタジオ」。

どうです?車に目がないパパも、とにかく車を運転してみたい子どもも、大満足ですよ。さほど車に興味のないママも「ヒストリーガレージ」に並んだ名車にはうっとりしてしまうはず。車って、かっこいいな~。とクルマの魅力に素直に感動できる場所なんです。

 

小さくたって本格的!ライド スタジオの電気自動車。


中でも子連れファミリーに嬉しいのは、子どもが1人で運転できる電気自動車があること。まずは3~5才の未就学児が乗車できる「ミニライドワン」。保護者の付き添いと共に、室内の専用コースを周回します。
(乗車1回 ¥200)

 



 

ちびっ子用とあなどるなかれ。黒のレクサス。信号待ち中!

次にご紹介するのは小学生以上の方対象の「インドア ライドワン」。
1人乗り用の「ピウス」、そして大人も同乗できる「カマッテ」の2種類があり、ミニライドワンとは別のさらに大きな専用コースを走行できます。(乗車1回 ¥300)

スピードはゆっくりながらも、車体は本当の自動車の素材が使ってあるのでしょう。ウィンカーやライトもつきます。ネットの画像で見るよりずっと迫力があって本格的、普通に公道を走れそうなクオリティで、こだわりパパも「さすが」と唸る完成度ですよ。

 



 

ピウスで講習中。ほかにも黄色や水色など、きれいな色がそろっています。

「インドア ライドワン」は本格的ゆえに、まずはスタッフからマンツーマンの運転講習を受け、仮免許を発行してもらってから、実際のコースに出て1人で運転します。それからようやく本当の免許が発行されます。
安全第一のため、免許取得の流れも慎重です。そのため、日にもよりますが週末はかなり待ち時間が発生している様子…。朝一番、講習の申込みをしたら他のコーナーを回ったり、ランチを済ませるなど効率よく楽しみましょう!

 



 

インドア ライドワンは開場前からこの行列!

 

大画面で楽しむカーレースゲームや、F1オフィシャルグッズショップも!


先にもご紹介したように「ライド スタジオ」だけがお楽しみではありません!「トヨタ シティショウケース」には最新モデル約80台が並び、レース専用車や海外でのみ販売されているモデルなど、ここでしか目にすることのできない車も数多く展示されています。
もちろん、大人も子どもも大好きなカーレースもありますよ!F1オフィシャルグッズショップや、立ち乗り式の電動二輪車「ウィングレット」の試乗体験などなど、一日いても飽きないコンテンツが盛りだくさんです。

 



 

F1ドライバーになりきってGo!

遊びや学びの場所がたくさんあるお台場。お出かけの時は、ぜひ「メガウェブ」も候補に入れて行ってみてくださいね!

カフェと旅行会社が一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」。
旅好き夫婦(子供3人)の経営で、東京・練馬に店舗があります。
旅行体験を通じて子供が成長する「旅育」を提唱し、子連れ旅行や若い世代の旅を応援しています。
代表・木舟周作の著書に『海外旅行で子供は育つ!!』。
公式ウェブサイト: http://tabiiku.org/

この記事に関するキーワード

おすすめ記事