「わがまま言うんじゃないの!」「我慢しなさい!」と言いたくなるのは、私だけ?

「わがまま言うんじゃないの!」「我慢しなさい!」と言いたくなるのは、私だけ?


大人は0歳の赤ちゃんがおっぱいを欲しい!と泣き叫んでも「もう、わがままね!」などというお母さんはいませんね。でも3歳の子が「これ欲しい!」と泣いていると「わがまま言うんじゃないの!」「我慢しなさい!」と言いたくなるのは、私だけでしょうか?“わがまま”という解釈には年齢が大きく関係しているようですね。

 

子どもが泣き叫ぶ理由は一つ。「買いたい」という感情への対処法を知らないから


3歳の子どもがおもちゃ売り場で「これ買って!」と訴え、「我慢しなさい」と却下したら、その場で大泣き。恥ずかしくなっていたたまれない・・なんて経験ありますよね。「うちの子はなんでこんなにわがままなの?」と泣きたくもなります。これが自分の立場だったらどうでしょう?欲しいものがあるけど、買えない。そんなとき泣き叫びますか?「どうしたら買えるのか」考えますね。そう。子どもが泣き叫ぶ理由は一つ。「買いたい」という感情への対処法として「泣くこと」しか知らないのです。

 

“買って欲しい”と願う感情は正しく、“泣き叫ぶ”という行動が間違っているだけ


子どもが泣いている理由は「何としてでも買ってもらわねば!」と思っている時もあれば、「ダメ!」と言われて“悲しい”“悔しい”など、様々です。「買って~」と泣き叫ばれると、「買うのもダメ」「泣き叫ぶのもダメ」と全面否定してしまいがちですが、実は “買って欲しい”という感情と、“泣き叫ぶ”という行動は別のものなのです。つまり“買って欲しい”と願う感情は正しく、“泣き叫ぶ”という行動が間違っているだけなのです。

 

“買って欲しい”とぃう感情を受けとめ、“泣き叫ぶ”という行動を正す


言葉でうまく伝えられない子どもは、欲しいおもちゃを買ってもらえたのか、そうでないのかという問題ではなく“今はこのおもちゃに心が奪われるくらい魅力的なんだ”とお母さんに訴えているのです。「欲しいのね」「悲しかったのね」「今はこれに興味があるのね」と受けとめてあげてください。そして、「どうしようか?」と正しい行動を一緒に考えてあげましょう。

 

今日の1日1成長


素直な子にしたければ、感情を受けとめ行動を正す
子どもの感情コントロール力も1成長、ママの受容力も1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

この記事に関するキーワード

おすすめ記事