【イマジン男児育児】空回る愛情表現

インスタグラムで@imaginekoというアカウントで育児絵日記絵を公開している今じんこです。

子どもの自己肯定感を高めるために、愛情表現は積極的にとよく言いますよね。
我が家は愛情表現をたくさんしているつもりですが、いいことばかりではありません。

 



 



 



 



 

毎朝のぎゅ~があるとさわやかな朝を迎えられるし、子どもとのスキンシップで仕事のやる気もアップ。
だけどそんな日課をもっちんは実は重く鬱陶しく感じていたようです!!
父にぎゅ~の催促をされる前に力強く拒否していました。

今までのぎゅ~はしぶしぶ父に付き合ってただけの「ビジネスぎゅ~」だったと言うのか・・・!!
子どもの自己肯定感を高める以前に自分の自己肯定感ボッロボロな父です。

ちなみに私ももっちんにスキンシップのつもりでハイタッチ要求しすぎて「もう手が痛いからやらない」と冷静に拒否された事があります。
いくら子どもが大好きでも愛情表現は子どもの負担にならない程度に☆

◆バックナンバーはコチラ

長男もっちん(3)次男ずん(0)2児の子育て中のグラフィックデザイナー。夫はコーヒー屋さん(元住吉 Mui/ムイ)。 インスタ(@imagineko)で絵日記描いてます。

この記事に関するキーワード

おすすめ記事