【海外SNAP】NYママの公園コーデは肌見せカジュアルで存在感アップ

バランスのいいクロップドトップスで爽やかだけどドキッ?




 

ファッションショーなどを手がけるイベントプランナーのヨハイナさん。3年前にフランスからニューヨークへ移住。「ニューヨークはとても気に入ってる。まさしく「自由の国」だわ。ここでは世界中の色んな人種の人達に出会えるから子どもにとって、とてもいい刺激になると思う。私自身もどんどん視野が広がってるって実感してるの」。ファッション業界に長年いるヨハイナさんの公園コーデは大胆なダメージがインパクト大のH&Mのデニムに、シンプルだけど絶妙な丈感のクロップドトップス。ニューヨークブランドのRachel Comeyでおよそ300ドル。ウエスト部分はしっかり露出されるけどカジュアルなデニムと合わせる事で、セクシーにならず爽やかな印象に仕上がっています。ところが子どもを何気なく抱き上げた時に、背後の大胆なカットから見えるウエストから背中にかけてのくびれに、これは女性でもドキッとさせられます。

 

「やり過ぎ」ず、どこかにシックな雰囲気を取り入れるのがフランス流




 

「最近のお気に入りはスポーティー×シックなスタイル」というヨハイナさん。今日のコーデもスポーティーなデニムスタイルに麻の素材感を合わせたオックスフォードシューズとショルダーバッグでどこか品が感じられます。「何でもやり過ぎはよくないわ。フェミニンなワンピースにヒールを合わせるよりハードなブーツにした方がより可愛らしく見えたりするものよ。いつもどこかにシックな雰囲気を取り入れたいのは私がフランス人だからかな?」そんなおしゃれ上級者のヨハイナさんにファッションのアドバイスを聞くと「自分に正直に、友達の真似をしなくていいのよ。そして自分の体型をよく知る事が大切だと思うわ」

 

ニューヨークキッズにも大流行?アンバーネックレス




 

ヨハイナさんの息子さんがつけているアンバー(琥珀)のネックレス。最近ニューヨークでは同じようなキッズをよく見かけます。「アンバーは鎮静作用があるって言われていて歯が生え始めた時の痛みを抑えてくれると言われているの。私も出産祝いに友人からもらったのよ。」そういう意味があったんですね。筆者はキッズの間で大流行中のファッションだと思っていました(汗)。最後に働くママについて聞いてみました。「息子が11カ月になった時に復職したわ。今は毎日ナニーさん(ベビーシッター)が息子の面倒を一日中見てくれてる。毎朝私が仕事に出て行く時は息子はグズるけど、あまり気にしてないわ。だってどうせ30分後には忘れて遊んでるんだから(笑)。子どもを置いて仕事をしてる事に罪悪感なんて持つべきではないわよ。物事をポジティブに考えないと!でもひとつだけ文句を言うとしたらニューヨークで息子に合うナニーさんを見つけるのは本当に大変だったわ!」

NY在住7年のライター。不妊治療を経て2015年夏に男の子を出産し、現在はアメリカ流子育てに悪戦苦闘の日々。趣味と仕事を兼ねたブロードウェイ鑑賞とレストラン巡りも最近はご無沙汰になりつつあるが、我が子を担いでホットなエリアを日々チェック。NYはブルックリンから旬な話題をお届けします!

この記事に関するキーワード

おすすめ記事