一体今いくつ?松雪泰子さんが昔より美しくなっている!

大人ならではの絶妙な甘さを味方につけ、お手本にしたい歳の重ね方をしている女性の一人。

視聴者に鮮烈な印象を与えたドラマ「白鳥麗子でございます!」からはや25年以上の月日が経ち、なお一層磨きをかけながら女優として天賦の才能を見せ続ける松雪泰子さん(44)。一児の母であり、女優であり、輝きを放つ美女という言葉がぴったり。

そんな松雪さんのインスタは日常に違うフィルターをかけたような白昼夢のような世界観。“若い頃より美しくなっているのでは?”と思ってしまうような大人ならではの美を纏う松雪さん。プライべートのインスタからその世界を垣間見ます。

赤リップ、黒髪、黒縁眼鏡が日本一似合う女性


「昨日無事に髑髏城の七人無事に初日を迎えました」との自身のインスタの写真には、マットすぎない発色の鮮やかな青みを感じさせられるレッドのリップを唇にのせ、目元はキリリと太目のブラックのアイラインを引いた松雪さんの顔写真。その肉厚な唇と強い眼差しからは妖艶な色気を感じさせられます。



また黒フレームの眼鏡はお気に入りのようで、インスタの写真でもよくつけている姿が確認できます。黒髪を潔く1つにまとめたヘアスタイルに、あえて太目の黒いフレームをチョイスすることによって品格のあるクラシカルな佇まいを醸し出しているよう。

「眼鏡姿、個人的に大好きです」「モー。眼鏡もデコピンもたまんねー」「本っ当に小顔で美しい…」とのコメントも多数で、ニュアンスのある松雪さんのお顔と黒縁眼鏡の相性は抜群。

年下に囲まれてもその存在感は揺るぎないものに


「古都。本日初日」とのインスタでは、昨年松雪さんが主演した映画の初日の写真。共演した橋本愛さんと成海璃子さんとの間に立っている松雪さんは真っ黒なシンプルなワンピースに艶のある黒髪のストレートボブ。シンプルな装いなのに、空気を含むような柔らかな大人の落ち着きを漂わせています。

またその自然な輝きで素肌感のあるフレッシュな肌はまるで20代のよう。「美人。白鳥麗子さんの時から、ずっと大好きです。」「松雪さんみたいな素敵な女性になりたいです」と、やはり長年憧れている女性は多いようです。

子どもからのプレゼントで頑張れちゃうのは松雪さんも同じ


「稽古から帰ってきたらこんなに可愛いお花が」とのインスタには、“Mother’s day”と書かれたハートマークモチーフの飾りがささった、色とりどりのお花の写真が。

息子さんからの贈り物のようで「ありがとう。かーちゃん頑張るよ」と、幸せそうなハッシュタグも。子どもからもらえる小さな幸せに支えられるのが母というもの。どんなに仕事が忙しくても息子さんからこんな素敵な花が届いたら、お母さんも何倍も頑張れちゃうというものでしょう。

「私も息子からのpresentに感激しました。ホント…一層頑張らなきゃって思うよね」とファンからは同じ母親の目線からのコメントも。

大人の女性として母として、強く深みのある歳の重ね方が美しい松雪さん。昔のチャーミングで可愛らしいというイメージが、今は女性らしさへと変わり、大人っぽさと知性もを感じさせられるように。松雪さんを見ているといつまでも美しくありたいという女性の願望を引き出してくれますね。

心理カウンセラー。今は休業中ですが主に恋愛に関してのセッションをやっています。
人間観察が趣味のため芸能ネタは欠かさずチェック。
2年間のアメリカ在住経験もあるので、セレブのゴシップも得意です。
4歳差姉妹の娘達の美意識の高さにむしろ母が刺激をもらっている毎日であります。

この記事に関するキーワード

おすすめ記事