バンクーバーキッズファッションウィーク春夏2018コレクション密着レポ

9月18日(月)から24日(日)の7日間、カナダで行われる北米最大規模の国際ファッションイベント「バンクーバーファッションウィーク(VFW)春夏2018」が行われ、9/23(土)、9/24(日)にはVFW初のキッズ向けのイベントも行われました。

今回はその「バンクーバーキッズファッションウィーク(VKFW)春夏2018コレクション」にmamagirl編集部がお邪魔! イベントの様子をレポします♪ 海外の子どもたちのファッショントレンドを一気にチェック!

バンクーバーキッズファッションウィークとは

「バンクーバーファッションウィーク」は、世界中から文化の異なる約80の新進気鋭デザイナーやブランドが参加し、年に2回、今回で30回目を迎えた世界的なファッションイベントです。
その中でも今回行われた「バンクーバーキッズファッションウィーク」はイベント初の試みで、参加ブランドによる子供服の新作コレクション発表だけでなく、司会進行・ダンスパフォーマンス・歌のパフォーマンスなども全て子どもによって行われる、キッズによるキッズのためのファッションイベントとなりました。 
BC children’s hospitalという地元の子ども病院も公式サポーターとなり、「地域のファッションの価値をより高めていくと同時に、支援を必要とする子どもたちもサポートをする」という志のもと、地域一丸となってこのキッズイベントを支援しています。

いくつものブランドが出店していましたが、今回はその中からmamagirl編集部が新作コレクションハイライトとして、いくつかピックアップしてご紹介します。

「VONBON APPAREL」

VONBON APPAREL」というブランドは、デザイン性と機能性を兼ね備えたキッズファッションを、天然素材や天然成分を使用したものを使い表現しています。デザイナーのJennifer Wilsonさんは「自身の子どもに日々触発されながら、キッズファッションのデザインを創造している」とのこと。

「WILD SWAN」

「WILD SWAN」は、VKFW今シーズン唯一の日本人デザイナー石川千弥(いしかわ ちや)さんのブランドで、「もっと可愛いレオタードが着たい」という自身の幼少時代のバレエレッスンの想いから、2015年にキッズのレオタード専門ブランド「WILD SWAN」を立ち上げました。自身の思いを形にしたオリジナリティあふれるデザインやプリントパターンのものが多く、体温に反応し、レッスン時に着用しても肌に張り付きにくい素材を使用しているそうです。

「Cabriolle」

Cabriolle」は、どんな時代にもマッチするラグジュアリーさと優れた職人技によって作り出される、ハイエンドブランド。綿密なデザインで、細部までこだわりを感じられるものとなっています。製品には、世界各地から取り寄せた最高級の素材のみを使用しています。

「Plaid & Paisley Littles」

Plaid & Paisley Littles」はヨーロッパのファッションの影響を受けつつ“カナダらしい”ファッションを表現することをコンセプトに作られています。カナダのロッキー山脈の険しい地形で暮らす職人の手で作られた、丁寧なデザインで、ノスタルジアやミニマリズムにインスパイアを受けた三姉妹によって創業されたブランドです。

「Jax&Lennon Co.」

Jax&Lennon Co.」は、デザイナー兼オーナーであるKelsie Powerさんが「100万回の洗濯にも負けない、毎日着られる子供服を!」という思いを掲げ、高品質であることはもちろん、ファッショナブルなファミリーの期待を裏切らないデザインとなっています。

どのブランドもそれぞれ”らしさ”が出ていました

今回唯一の日本人デザイナーが作っているキッズレオタードの「WILD SWAN」など、どのブランドもコンセプトやカラーがはっきりしていて、ショーを見ているだけでも楽しい気持ちになりました。
ブランドによっては通販サイトもあるので、世界のクローゼットをのぞいてみるのも新鮮な気持ちになれるかもしれません。

この記事に関するキーワード

おすすめ記事