〜ご飯の時間は戦い!〜【あんなこと。こんなこと。】

宮野家のあんなことやこんなこと。

一日三回お食事バトル。

一歳半くらいから急にご飯を食べる様になったこっちゃん。

食に興味のなかった悩ましい時期を思い出すと

今、自分で箸を使いモグモグと頬張る娘を見て

『いつか絶対食べる様になる。』

という言葉は本当だったのね!!

と、今更ながら心底思います。

あの時肩に力が入りすぎて怖い顔をしていた私。
昔に比べて食べる様になった今。

さぞ幸せで笑顔溢れるお食事タイムなのだろう。

と思いきや。

案外そうでもないのです。笑

食べなかった頃、お行儀なんてそっちのけで
遊び食べだろうが、ちまちま食いだろうが
ひたすら褒めて食べさせていた結果。

【座ってきちんと食べる。】

という癖付けが全くできていない!!!

今になり必死に戦うものの毎日三食
ため息とイライラを飲み込むのに必死でご飯の味などわからない。

それに合わせてイヤイヤ期の突入。
さらにはお世話したいモードが加わると

手が10本あっても足りないよ状態。

私の真似をし、
『食べなさい。』

とスプーンを差し出し
私が食べると汚い手で頭を撫で回し

『いい子ね。』
と微笑んでくる娘。

一見、可愛く思えますがこれが結構しんどいのです。笑

さらに調子に乗り出すと・・・。

絶対!!!

絶対に熱くないのに

『あっっち!!!』

とわざと吐き出しポイポイ床に投げ捨て

ニヤリと笑うのです。

まぁ腹の立つ事!!笑

そして、私が

『遊ぶならもう終わり!!ご飯ないないするよ!』

と言うと。

『おーーちまい❤️』

・・・。

(『ヤダヤダ食べるぅ。』を期待した私 )

こちらの感情を逆手にとる様に。

『おちまい(おしまい)』
『ごちたまー(ご馳走様)』
『ババイー(バイバイ)』

と連呼。

自分で『もうお終いだよ。』と言ったものの
娘にやられた感が否めない。

ムキーーーーーーーーー!!!!

そんな、低レベルな戦いを一日三回しながら
毎日過ぎていきます。

どうしてもイライラしてしまう時には
あの食べなかった頃を思い出し、
食べる様になっただけ良いではないか・・・。と

繰り返し心の中で唱える様にしています。

はじめまして!みやのあんなです!北の大地にてヒーヒー言いながら日々を過ごしています。
ついつい閉鎖的になってしまう子育て中。どうにか風をいれたい!とインスタグラムを初め、三歩進んで二歩下がるような私の毎日を更新しています。
【Instagram】@oh.lola.0131

この記事に関するキーワード

おすすめ記事