飾らない美しさ!30代から始めるナチュラルメイクのコツとは?

女性の肌は、年齢とともに悩みも変化していくもの。30代を迎えた、またはそろそろ迎えるという人は、これを機に現在の肌にマッチしたメイク方法を見直しておきたいですね。30代におすすめなのは、飾りすぎないナチュラルメイク。頑張りすぎない素肌感が、肌を美しく、若々しく見せてくれます。今回は、ナチュラルメイクのコツと、おすすめの人気ブランドなど詳しくご紹介。早速、見ていきましょう!

■30代になったらどんなメイクが似合うの?

結婚や出産、仕事など、さまざまな変化を迎える女性も多い30代。生活スタイルの変化にともなって、「メイクの雰囲気を変えたい」「もっと時短でできるメイクにしたい」と考える人も増えてきます。加齢による肌質の変化から、「20代の頃のコスメが合わなくなってきた…」と感じる人もいるでしょう。それでは、30代を迎えた女性には、どのようなメイクが似合うのでしょうか?

答えは、「程よく力の抜けたナチュラルメイク」。20代の頃のような「パーツを目立たせるしっかりメイク」は、かえって年齢以上に見せてしまうことがあります。それだけでなく、肌にも負担をかけてしまうため、くすみや乾燥などの肌トラブルを悪化させてしまうことにもなりかねません。
30代からは、気になる部分はしっかりとカバーしつつも、全体としては薄づきなナチュラル感を大切にするといいでしょう。次は、アイテム別にナチュラルに見せるコツをご紹介します。

■30代が似合う本当のナチュラルメイクとは?

・ベース編

引用元:mamagirl2017秋

まずは、ベースメイクについて見ていきましょう。
ベースメイクは、ナチュラルメイクにおいて、特に重要な部分。厚塗りし過ぎてしまうと、顔全体の雰囲気が老けて見られたり、化粧崩れしやすくなったりします。顔の中心からフェイスラインへ薄くのばし、Tゾーンなどの皮脂が多い部分は、特に量を控えめにするようにしましょう。

とはいえ、「薄づきでは、毛穴やシミなどをカバーしきれない…」と不安に思う人も多いですよね。実は、ナチュラルメイクがキレイに仕上がるかは、コンシーラーの使い方に秘訣があります。目の下のクマやシミなどを放置すると、ナチュラルというよりも手抜き感が強くなってしまいがち…。クマやシミだけでなく、小鼻の周りや口元のくすみなどは、コンシーラーでしっかりと隠しておきましょう♪

・アイシャドウ編

出典:@ t_h_h_tさん

ギラギラとした派手なラメや、強いカラーのアイメイクは、20代で卒業。30代からは、上品な大人の女性を演出してくれる、粒子の細かいラメやパールのアイシャドウがおすすめです。カラーは肌なじみのいいブラウンが人気ですが、色を変えることで季節感やトレンド感を楽しみたいという人もいますよね。大人っぽく仕上げるには、パステルカラーよりもくすみカラーの方が優秀。シックな目元で「オシャレな大人の女性」を演出しましょう!

アイシャドウを指や付属のチップでつけている人も多いですが、どうしても色がかたよってしまったり、濃くつけすぎたりしてしまいがち…。やや大き目のブラシでアイホール全体に優しく広げるようにしましょう。

・アイライン編

出典:@ _saeppp_さん

太くて強めのアイラインは、基本的にはNG。ブラックよりもブラウンのアイライナーで、まつ毛の間を埋めるように細くひくようにすると、優しくナチュラルな雰囲気に仕上がります。「もう少し目元に存在感が欲しい」「ブラウンだけでは物足りない」という人は、マットなものや細かいラメが入ったものなどを試してみてもいいですね♪

まぶたのタイプ別に、アイラインのひき方をまとめてみました。
<一重>
アイラインをひくのが難しい一重さんには、太さが調節しやすいペンシルタイプがおすすめ。目尻を少し長めにスーッとひくようにしましょう。目尻をはねあげるのもかわいいですね♪
<二重>
もともと目が派手に見えがちなため、太くしすぎるとケバくなる可能性が…。目の際に薄く細くひくだけにしてみましょう。
<奥二重>
アイラインが太すぎるとセクシーな印象になりがちな奥二重さん。ナチュラルに仕上げるには、まつ毛の隙間を埋めていく程度にしましょう。

・チーク編

出典:@ yoahiru.wさん

ナチュラルメイクのチークは、とにかく、ふんわりと色がつく程度に留めておくことがポイント。大きなブラシで円を描くように、優しく肌にのせていきましょう。付属のブラシでつけてしまうと、子どもっぽくなりがちなので注意してくださいね!

・リップ編

出典:@ ry.0123さん

「ナチュラルにしすぎると手抜きに見える」という悩みは、リップメイクで解決しましょう!口元にしっかりと色とツヤがあれば、素肌感を残しつつも、オシャレであか抜けた雰囲気を出すことができます。30代からは、唇のかさつきやくすみを改善してくれる、美容液入りタイプがおすすめ。日焼け止め効果のあるものを選べば、より美リップに近づけるはずです♪

■30代メイクにおすすめの人気ブランド3選

さて、次は30代になったら使ってみたい、おすすめ人気ブランドをご紹介します。オシャレなメイクも楽しみつつ、肌への負担も抑えられる優秀コスメ、早速チェックしてみましょう!

<ETVOS(エトヴォス)>

出典:@ nacchi0528さん

30代のナチュラルメイクは、土台となる素肌が美しく健康であればあるほど映えるもの。メイクとスキンケアの両方を叶えるコスメとして誕生した「ETVOS(エトヴォス)」は、まさにそんなニーズを叶えてくれるブランドです。

「ETVOS(エトヴォス)」は、上品なツヤ感とカバー力、そして持ちの良さが特徴。天然由来成分で作られており、クレンジングもいりません。とにかく肌に負担をかけず、日々のメイクから肌を美しくしたいという女性には、特におすすめしたいブランドです。

<Celvoke(セルヴォーク)>

出典:@ ry.0123さん

「天然由来成分へのこだわり」と「洗練されたモード感」を追求する「Celvoke(セルヴォーク)」は、新進気鋭の人気ブランド。深みのある大人カラーがこのブランドの特徴で、都会的な女性を演出してくれます。

植物から抽出した天然オイルをメインで使用することで、肌の上でなめらかに伸びるテクスチャーを実現しました。肌に負担をかけることなく、ナチュラルな大人メイクを取り入れてみたいという人は、ぜひお試しあれ♪

<shu uemura(シュウ ウエムラ)>

出典:@ saetaro3kingsさん

伝説のメイクアップアーティストである植村秀氏によって設立された「shu uemura(シュウ ウエムラ)」は、日本が世界に誇る人気コスメブランド。アーティスティックで遊び心の感じられるラインナップは、さまざまなメイクを試してきたコスメフリークたちからも注目されています。

「遊び心」と聞くと、奇抜なコスメをイメージする人もいるかもしれないですが、使い勝手は抜群。ベストセラー商品であるファンデーションは、自然なツヤ感・カバー力・持続力が好評を得ています。カラーも豊富にそろっているため、きっと自分の肌に合うものが見つかるはず。遊び心とナチュラルメイクを同時に楽しみたい女性には、ぜひ試してもらいたいブランドです。

■30代メイクにおすすめの道具とは?

出典:【大人のPinkメイク講座】定番すぎるコーラルのあか抜けポイントは?

ナチュラルメイクにおすすめのメイク道具は、「大きめのブラシ」です。自然に仕上げるコツは、アイシャドウもチークもふわっと広めになじませること。付属の小さめブラシや指でパウダーを広げようとすると、つい一部分だけに濃く色が付きやすくなります。ナチュラルに仕上げるためには、毛質が柔らかく大きめのブラシでパウダーをふわっとのせるようにしましょう。

■2018年のおすすめメイクテクをご紹介!

インスタなどのSNSで注目を集める、春にぴったりのナチュラルメイクをご紹介しましょう。

・透明白肌に目元の輝きが映える爽やか春メイク♪

出典:@ yun_wearさん

@yun_wearさんは、透明感あふれるメイクが春にぴったり。透き通るようなナチュラル肌に、目元の上品なラメの輝きが映えます。2018年春夏トレンドの太眉も、書きすぎずにぼかしてナチュラルに。クール派にもガーリー派にもおすすめしたいメイクです。

・トレンドのマットリップで洗練された大人の女性に…♪

出典:@ exx_s11さん

カラーやラメなどの輝きも最小限に抑え、シンプルな美しさを引き出す大人のメイク。ナチュラルな美肌は、それだけで魅力たっぷりに見せてくれます♪トレンドのマットリップは、クールでこなれた雰囲気に見せるのにおすすめ。上品で高級感のある仕上がりになります。

■ラフでありながらきちんと感もあるナチュラルさが大事!

「ナチュラルメイク=あまり化粧をしない状態」というわけではありません。むしろ、見せたくない部分はしっかりとカバーしながら、強調したいところはしっかりと魅せる、でも厚塗り感は出さないというのが、ナチュラルメイクです。
「なんか難しそう…」「肌がキレイじゃないとできない…」と思う人もいますが、ポイントさえおさえれば簡単!ぜひ、この春はナチュラル美人を目指してみませんか?

2015年生まれのゴキゲンな息子のママです。自分に合った美白&保湿ケアを追求中。安くて優秀なコスメ探しが大好きです♡

この記事に関するキーワード

おすすめ記事