チャレンジする子になる魔法の言葉「いつも頑張ってるね」

vol.843【1日1成長お母さん】優等生タイプには「偉い」「すごい」よりも努力を認めてあげよう

何気なく使っている誉め言葉。子どものチャレンジ精神を奪ってしまうかも

子どもにはやる気に満ち溢れ、様々なことにチャレンジして人生を自分で切り開いてもらいたいと願いますね。そのためにお母さんに気を付けてもらいたいことがあります。それは子どもの褒め方です。ご飯を残さず全部食べられた、トイレで用を足せたなどの時にお母さんは「わあ!すごい!」「S君は偉いね」というように子どもを褒めてあげるかもしれません。何気なく使っている誉め言葉が、子どものチャレンジ精神を奪ってしまう可能性があるのです。

特に気を付けたい優等生タイプの子どもの褒め方。嘘をつくようになることも

特に優等生タイプの子どもには、褒め方に注意が必要です。「偉い」「すごい」というのは、子どもを評価する言葉です。もちろん子どもは、お母さんからいい評価をされたら嬉しくなります。しかし人は常にいい評価を得られる行動がとれるわけではありません。時には失敗したり、努力したけど結果が伴わない場合もあります。このような場合、優等生タイプの子どもは大変落ち込みやすい傾向にあります。さらにお母さんからいい評価が得られないと感じると心が傷ついてしまいます。

完璧主義の子どもは、できなさそうなことにはチャレンジしたくないと考える

人には生まれながらに性格が備わっており、それを気質といます。キッズコーチングではそれを5つに分類し、そのひとつに優等生である“テキストタイプ”があります。このタイプは喋りだすのも歩き出すのも早くてしっかり者、幼稚園ではみんなのお兄さん、お姉さん役といった存在です。完璧主義なため、自分にできそうにないことにはチャレンジしたくない、失敗を他人に見られたくないと思ってしまうのです。

「頑張ってるね」と努力を認める言葉をかけて、チャレンジ精神を育もう

テキストタイプの子どもを褒めるときは、結果が伴ってもそうでなくても「いつも頑張ってるね」と努力を認める言葉がけをしてあげてください。結果を重視しがちなタイプですが、お母さんがいつも子どもの努力に着目していると、だんだん「もし失敗しても、頑張ったんだから恥ずかしいことじゃない」と考えられるようになり、新しいチャレンジを恐れなくなってきます。もともと優等生タイプの子にチャレンジ精神が身につくと、どんどん能力を伸ばし力強く生きていけるはずです。

今日の1日1成長

優等生タイプには「いつも頑張ってるね」と努力を認める声がけをしよう
子どもの挑戦力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
田中京子(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

この記事に関するキーワード

おすすめ記事